宇宙 日本 松山

日々の研究活動の蓄積と時々の癒やしとしての趣味について書いていきます。

これが好きな人がいたらご挨拶したい

生でない八ツ橋も好きで、京都にいくたんびに買います。

シナモンクッキーと英語で表現しているのですね。

金沢のじろあめは、アメリカに出張に行った際には

トラディショナルキャンディと言ってお土産に渡していました。

 

シニフィアンシニフィエ、指し示すものと、指し示されるものの間に、

それを見聞きしたものに大きな差異があるのはとても不思議です。

 

業務でも、ある概念や言葉の誤解が往々にあるので、

そこを意識してコミュニケーションをとると、案外うまくいくような気がします。

(コミュニケーションという言葉も頻用されますが、いまいち具体的に

 何をしめしているのかわからないので、今度調べてみたいです。)

 

そう考えると、文学部で学んだ文学理論や批評理論は間接的にですが、

社会の役にたっていると。そんな気がしているのです。

(直接的な成果・アウトカムを求められるので、間接的なアウトカムについての

 先行研究がないと調べてみたい。)

f:id:uchu-nihon-matsuyama:20180420072613j:plain

 

余談ですが、広島では「たちまち」はとりあえずという意味で使い、

愛媛でも「たちまち」は何度か聞きました。

私は「忽ちに=すぐに、あっというまに」という表現をよく使っているので、

誤解されていないか、今度確認してみようと思います。